カービュー 口コミ

carview
キズは直してから査定に出したほうがいい?

査定を高くする為にお金をかけて補修をする事はオススメしません

 

板金屋の知人がいる、または一般相場よりも安く傷を直せるというルートをお持ちでない限りは、修理しない方がいいです。
なぜかというと、傷があると当然査定は下がりますが、直したからといって修理代の元を取れるくらいのプラス査定にはならない場合がほとんどだからです。
特に細かい傷などは、実費で治すと1〜2万円かかってしまいますが、直さなくても実際の査定に響く金額は数千円程度です。
良心的な査定をしてくれるところでは、交渉次第で傷による減点分を補ってくれる業者もあります。

 

 

また、よくある失敗例として、少しでも高く売るため査定に出す前に自分で車を磨く人もいますが、オススメしません。
なぜなら、塗装や光沢にムラが出てしまい逆効果になる場合があるからです。

 

かなり汚れた状態だと塗装の状態が確認しにくく、色あせと判断されてしまう場合もありますので、そういう場合はシャンプー洗車程度で構いません。
少しホコリや水垢が浮いている程度の汚れでしたら、洗車をしなくても問題ありません。

 

 

車の傷は、バンパーなどの錆びない素材を使っている部分と、ドアやボンネット・フェンダーのように鉄を使っている部分があります。

 

バンパーの傷は、乗っていて気にならないのであれば放置しても問題はありませんが。
しかし、鉄を使用している部分の傷には傷ついて塗装が剥がれている状態で放置していると錆が出てきてしまいます。

 

査定に出す直前で傷ついてしまったなら、そのまま売ってもいいでしょう。
ですが放置して錆を出してしまうと減点が増え、直そうとしても高くつくので、鉄の部分を使った部品を傷つけてしまった時は早めに処置しましょう。

 

 

また、内装は出来るだけ掃除をしておきましょう。
ホコリ・汚れがひどいと、クリーニング代で1万円ほど減点されてしまう場合もあります。

 

カーナビやオーディオなどを取り外して売りたい場合は、自分でやろうとすると傷がついてしまう場合があるので、プロに頼むか買取業者に手放す際に必要なものを外して返してもらえないか交渉してみましょう。